運動系ダイエット

飛び跳ねるだけのダイエット!?
童心に帰り、トランポリンダイエットで痩せる

遊園地の子供用スペースや、体育館などでおなじみのトランポリン。
子供の頃は時間を忘れて遊んだという経験のある方も多いのではないでしょうか。

このトランポリンも、今やオリンピック種目にもなるほど認知度や知名度もあがり、多くの人が知るものとなりましたが、実はダイエットに利用できるのです。
今回は乗って飛び跳ねる「だけ」とも言える、トランポリンダイエットをご紹介してみたいと思います。

トランポリンダイエットとは

トランポリンダイエットとは、トランポリンで飛び跳ねることによる運動効果で痩せることを目的としたダイエット方法です。
発祥地はアメリカで、NASAがトランポリンの高い運動効果を立証したことで広まりました。

トランポリンというと、スポーツ施設に置かれているような、複数人が同時に飛べる大きなものをイメージする方が多いと思います。
しかし、そういったトランポリンの活用では日々のダイエットとして実践するのが難しくなります。

そのため、トランポリンダイエットで使用するのは「リバウンダー」と呼ばれる家庭でも使いやすいサイズのミニトランポリンになります。

こちらのトランポリンの一般的なサイズは、直径90cm・高さ20cm程度の大きさになります。
高さ210cmの部屋であれば、身長180cmの方でも十分に利用可能です。

そもそもトランポリンは一般向けに販売されているのか

トランポリンダイエットに必要なトランポリンですが、そもそもトランポリンは一般向けに販売されているのでしょうか。
結論から言うと、スポーツグッズ店にはエクササイズグッズとして置かれていることが多いようです。

他にも、ホームセンターにも格安のトランポリンが置かれていますし、以外と普段は探していないため見落としているだけで置かれている店は多くあります。

価格帯としては、安いものであれば10,000円前後で購入できます。
手すりの付いたものだとちょっと高めで、30,000円以上するものもあります。

手すりがあった方が安心できる方は、ちょっと高めでもそちらを購入した方がバランスを崩した際に安心できますので用途や自分に合わせて選びましょう。

トランポリンダイエットのメリット

トランポリンダイエットは楽しく全身運動を行えるので、肉体面・精神面で数多くのメリットがあります。
以下に詳細をご紹介します。

短時間で効果が高い

これこそがトランポリンダイエットの一番のメリットと言えるかもしれません。
トランポリンダイエットは実は、運動効果が非常に高いという特徴を持ちます。

そもそもトランポリンは、サーカス等でも使われているほどの器具ですから、飛び手の体力も求められます。

子供の頃は体重が軽かったこともあり、それほど飛んでも疲れを感じなかったかもしれません。
しかし大人になってから飛んでみると、すぐ息切れしてしまうことに驚くはずです。

それもそのはず、トランポリンの消費カロリーは体重にもよりますが、ウォーキングなどの有酸素運動に引けを取らないのです。

カロリー計算については、具体的な数値で運動強度を図る方法があります。
その目安として「METs値」というものがあります。

METs値とは運動強度を測定した単位です。
安静時(座って楽にしている状態)を1METsとしたとき、それと比較して何倍のエネルギーを消費するかによって、運動の強度を示します。

以下の公式に沿って計算します。

消費カロリー(Kcal) = 1.05 × METs × 運動時間(30分は0.5で計算) × 体重

さて、ここではトランポリンの強度を基に実際に調べてみましょう。
トランポリンの運動強度は、気晴らし程度でトランポリンを飛ぶ場合は3.5Metsとなっていますので、試しに30分運動した場合の消費カロリーを求めてみましょう。

これを体重60kgの人に当てはめて計算すると、以下のようになります。
1.05×3.5×0.5×60≒110kcalとなります。

こちらは30分飛んだ場合のカロリーなので、5分であれば約20kcal程度と言えます。
消費カロリーはウォーキングと同等といったところです。

しかし、トランポリンダイエットではエクササイズの要素がありますから、それよりは運動強度が高めなので、Mets値を4.5として再計算してみます。
1.05×4.5×0.5×60≒142kcal となります。

5分であれば25kcalと、値が上昇していますね。
これがトランポリンのメリットの1つで、短時間でもある程度カロリーが消費され、その運動強度によって消費量が高まる特徴があります。

他のウォーキングなどと違い、飛び方や負荷のかけ方が、トランポリンの場合は変えることができますので、エクササイズによっては50kcal以上を消費することも可能です。

自分の体力に合わせて負荷をかけられるので、運動に不慣れな方は最初はただ飛ぶだけ、慣れてきたら負荷をかけてといった調整が効きます。

天気を気にする事無くエクササイズが可能

エクササイズ系のダイエットの場合、屋外に出る運動が多くなりがちです。
ウォーキングや自転車、ジョギングなどが代表例ですがこういった場合、天候によってはできない日もあります。

すると雨だし仕方ないか…とそれを理由に徐々に運動を行わなくなり、ダイエットを無意識的に中断してしまうケースがよくあります。

トランポリンダイエットは室内で行うダイエット方法になりますから、雨・雪・台風といった悪天候にかかわらずエクササイズができます。
自分に言い訳をせずにダイエットに集中できますから、意思が弱いことを自覚している方にもオススメです。

省スペースで実践可能

冒頭でもご紹介しましたが、トランポリンのイメージは大人数で子供が飛び跳ねるものを想像している方は多いと思います。
しかしダイエットに使用するトランポリンはリバウンダーと呼ばれる小さなもので、大人が1人だけ乗れる程度の大きさです。

直径としては1mを切るものがほとんどで、モデルによっては折り畳みも可能です。
トランポリンを置くスペースさえ確保できれば、いつでも室内で運動ができます。

ただし注意点として、天井が低いところに設置してしまうと、飛び跳ねて頭を打つ可能性がありますので、天井が高いスペースだけ必要となります。

とはいえ、折りたたみ式であれば跳ぶ時だけ持ってくれば後は部屋の隅に置いておくといった事も可能ですので、省スペースで出来るというのは家の中で行う上で非常に重要な要素でありメリットと言えます。

童心に帰ることができる

トランポリンダイエットのメリットの1つに、運動自体が楽しい、というものがあります。
ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は、その負荷にもよりますが、人によっては毎日継続することを楽しいと感じにくい一面があります。

その点トランポリンダイエットであれば、飛び跳ねている間は無重力状態を体感しながらエクササイズできるので、童心に帰ったような楽しさが味わえます。

自らやってみたいと思わせるようなワクワク感を味わえるダイエットは、なかなか無いのではないでしょうか。
この点はダイエットを続けるにあたって多大なメリットです。

ながら運動も行いやすい

ダイエットを苦痛と感じてしまう人の多くは、その行動自体に楽しみがないといった事が理由にあげられます。
トランポリンダイエットであれば、基本跳んでいる間は何をしても自由です。

極端な話、テレビを見ながらトランポリンを使ってもいいですし、音楽を聴きながら跳んでも問題ありません。

ジョギングや外でのエクササイズ系ですと、耳を塞いだりながらダイエットだと危険性が伴いますが、トランポリンダイエットの場合は室内で行うため、ながらダイエットを行いやすく危険性も非常に低くなります。

また、日によっても何かをしながらというのを変えることも可能です。
好きなドラマを見ながらする日もあれば、テレビを見ながら、音楽を聴きながら、色々と日や環境や調子に合わせて変更できるので続けやすくなります。

トランポリンダイエットで得られる効果

トランポリンダイエットのダイエット効果は数多くあります。
以下に詳細をご紹介します。

短時間での脂肪燃焼効果

先にご紹介しましたが、トランポリンは有酸素運動に引けを取らない運動量です。
身体に溜まった脂肪の燃焼効果が期待できます。

ただ跳ぶだけでも効果がありますが、自分自身の体力に合わせてエクササイズを選ぶことができますから、より負荷の高い運動にシフトすることも可能です。

筋力アップ

トランポリンダイエットは脂肪燃焼のみならず、身体中の筋肉に刺激を与えられます。
飛び跳ねるという行為は一見簡単なように見えますが、トランポリンは全身運動であり、全身の筋肉をきめ細かく動かしています。

特に、実際に飛ぶ場面で使用する足を始めとする下半身への刺激は相当なもので、ヒップアップや足の引き締めといったダイエット効果が見込めます。

また、一定の場所で規則的に飛び跳ねるという行為は、かなりのバランス感覚を要求されます。
飛び跳ねると身体が一時的に宙に浮くため、着地するまでのわずかな時間で位置をきちんと決めておかなければなりません。

これを連続で瞬時に行うため、身体中の筋肉に負荷がかかっているのです。

すると上半身や体幹にも運動効果があらわれます。
バランス感覚が向上し、インナーマッスルも鍛えられるのです。

このように飛び跳ねるという行為だけで、全身に運動効果が見られます。
ダイエットという点では、身体の引き締め効果が期待できます。

基礎代謝の向上

有酸素運動に加えて筋肉を鍛えるエクササイズを行っているので、新陳代謝も向上しています。
通常の筋力トレーニングではなかなか鍛えられないインナーマッスルも鍛えられますから、全身の筋肉を無駄なく鍛えらえます。

筋肉量が増加することにより基礎代謝は向上します。
基礎代謝とは、日常生活や内臓を働かせるために必要なカロリーのことで、こちらが高いと特段運動をしていないときでも脂肪を燃焼してくれます。

この好循環は運動を継続しているとどんどん大きくなっていきます。
トランポリンを飛び跳ねることで運動する分とプラスして、日常生活でも脂肪が燃焼されるダブルの効果が、体重の減少につながります。

目標体重に到達した後でも、基礎代謝が高いままであればリバウンドしにくいという利点もあります。

デトックス

意外かもしれませんが、トランポリンダイエットにはデトックス効果もあります。
飛び跳ねる行為によって、身体の中に溜まった老廃物を流す効果があります。

成人の身体の60%以上は水分によってできています。
普段あまり動かさない箇所は、どうしても体内の水分もよどんでしまいます。

トランポリンによって上下に飛び跳ねる運動を行うことで、あまり動かしていない箇所を刺激できます。
すると、身体の中に起こっていた詰まりやよどみを解消し、血行など体内の水分の流れをスムーズにしてくれます。

むくみの解消

むくみはダイエットにとっては大敵です。
脂肪量は多くないのに、なぜか太って見えてしまうのはこのむくみが原因という事が多いです。

原因は様々ですが、共通しているのは体内の水分の流れが滞っていることです。

このむくみの解消にも、トランポリンダイエットは役立ちます。
体内の詰まりを解消し、血液・リンパ液の流れをスムーズにしてくれます。

もし体質的にむくみやすいと感じている方は、ダイエットと一緒にむくみも解消できます。

ストレス解消

実はこれが意外でもあり大きなメリットかもしれません。
トランポリンは子供の頃に遊んだ記憶がある場合、飛び跳ねることに高揚感を覚える方も少なくありません。

そもそも、適度な運動を行うことでストレスは発散され、気分転換につながります。
しかし、運動に至るまでの精神的なハードルは、運動をやり慣れていない人ほど高くなります。

これがストレスになり、運動をあきらめてしまうのが、ダイエットを挫折する大きな理由の1つです。

しかしトランポリンダイエットは、省スペースで設置できて運動内容も基本的には飛び跳ねるだけですから、かなり精神的ハードルが低い運動です。

また、トランポリンで飛び跳ねる際に味わえる無重力感は、くせになる方も多いそうです。
運動によってストレスを解消できる喜びを感じられるエクササイズはそう多くありませんから、トランポリンダイエットは貴重な方法と言えるでしょう。

トランポリンダイエットのやり方

トランポリンダイエットは、脂肪燃焼や筋力向上に非常に有効なダイエット方法であることはお伝えしてきました。
しかし、慣れないうちにハードなトレーニングを行うことはリスクがあります。

怪我をしたり、思っていた以上に疲れが溜まってしまうといった可能性があります。

そこで今回は、3分間でできるお手軽なエクササイズをご紹介します。
具体的な手順は以下の通りです。

  1. まずトランポリンに乗って、軽くトランポリンの上でジャンプをする
  2. ジャンプごとに左右に足の開閉をする
  3. 腰を左右に捻ってジャンプする
  4. 足を前後に踏み出しながらジャンプする
  5. 一定の回数ごとに45度回転する。回数は10回~20回と自分で決める
  6. 数回に一度、トランポリン上でスクワットをする。回数は10回~20回と自分で決める
  7. 片足ずつ、けんけん跳びを行う

まずはこちらの手順が問題なくできればOKです。
より高度なエクササイズもありますから、身体が慣れたらそちらも取り入れてみましょう。

トランポリンダイエットの注意点

トランポリンダイエット自体は行いやすく、メリットも大きいのですが、いくつか配慮すべき点があります。
以下に詳細をご紹介します。

消音対策

一軒家で行う分には問題無いのですが、マンションで行う場合は要注意です。
運動を行うとドスドスとした着地音が下の階に響いてしまう可能性があります。

トランポリンを設置する場合は消音機能がしっかりいているかどうかを確かめましょう。

オススメはゴム製のトランポリンです。
ゴム製であれば飛び跳ねた際の音はほぼ無効化されるので、もし条件に合うゴム製のトランポリンが見つかったら、迷わず購入しましょう。

フローリングが傷つく

トランポリンの構造上、バネが飛び跳ねた際の衝撃をある程度吸収してくれますが、その何割かはどうしても地面に伝わってしまいます。
そのため、フローリングに傷が付く可能性もあります。

もしダメージを軽減したいのであれば、トランポリンの下に傷付き防止用のマットを敷くようにしましょう。
特に賃貸のお部屋であれば、場合によっては原状回復費用を請求されることもありますので、その点も気を付けてください。

トランポリンダイエットのまとめ

トランポリンダイエットは、トランポリンで飛び跳ねるだけで高い運動効果が期待できるダイエット方法です。

意外と実践しだすと童心に戻る事もあり、楽しく続けられます。
多少慣れがでてきたり、惰性感が出てきた時は、ながらダイエットに変更し楽しみながら続ける事が可能になります。

さらには室内で運動するので天気を気にすることなく続けらるというメリットもあります。
ただ痩せるという目的以外にも、様々なメリットがありますから、ぜひ童心に帰ってエクササイズを楽しんでみましょう。

このダイエットに投稿された口コミ・体験談

現在、このダイエットに関する口コミ・体験談はありません。
この記事に対するコメントがありましたら、下記のボタンをクリックしてコメントを投稿してください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須お名前
必須メールアドレス
任意ウェブサイト
必須コメント

この記事と同じカテゴリにある記事

スクワットダイエットで足痩せ!期間・回数など効果的なやり方とスクワットの注意点
スクワットと聞くと、2種類のイメージが浮かびます。 1つが筋トレというイメージ、もう1つがダイエットというイメージです。 まだまだ筋トレというイメージが強いかもしれませんが、実は最近ではスクワットでダイエットにチャレンジする方は増えてきて ...

寝るだけって本当?嘘?ストレッチポールダイエットの正しいやり方と効果
今では定番な健康器具の1つになってきた「ストレッチポール」 フィットネスジムだけで無く、家に1つ、2つあるというような家庭も増えてきました。 それくらいに今の時代、多くの人が健康に気を遣っている時代でもあります。 ストレッチポールは、そう ...

ダンベルダイエットで成功する方法!重さや選び方とトレーニング方法
ダンベルと聞くと、ダイエットというよりはマッチョになりたい、筋肉質になりたいといった筋力トレーニングに使われそうなイメージがあるかもしれません。 ですが、実はダンベルには、ダイエットを行う際にも有効な使い方があるのです。 今回は、そんなダ ...

縄跳びダイエットで効果を出す方法!飛び方のメニューや縄跳びの選び方と注意点
縄跳びと聞くと、小学生の頃に二重跳びや色々な飛び方を練習したという記憶がある方も多いかもしれません。 または、プロボクサーなどがトレーニングのために黙々と目にも止まらぬ早さ跳んでいる様子を、テレビで見た方も多いと思います。 実際、縄跳びは ...

安全で効果的な加圧ダイエットのやり方!危険性のない加圧トレーニングの方法
加圧トレーニングという言葉をご存知でしょうか。 腕や脚などを流れる血流の量を制限することにより、運動効果を高めるトレーニング方法です。 今ではプロスポーツ選手やアスリートも取り入れているトレーニング方法で、短時間のエクササイズで筋力を高め ...

自転車ダイエットで効率的に痩せる乗り方や漕ぎ方のコツと何キロ走ると良いのか
自転車といえば日本のみならず、世界中で利用されている多くの人にとって、とても身近な交通手段になります。 今や、自転車に乗ったことがないという人の方が少ないくらい、誰もが知っている乗り物になります。 最近では運動不足などが叫ばれる事もあり、 ...

四股踏みでダイエット効果?下半身や足痩せに繋がる方法とコツや注意点
日本の国技である相撲。 その世界で戦っている相撲取りの方々は、毎日四股踏みを300回は行っているそうです。 実はこの四股踏みという行為には、様々な効果が期待できます。 相撲取りの大きな身体からでは、なかなか四股踏みがダイエットに効果がある ...

効果的なフラフープダイエットのためのサイズや重さの選び方と回すコツ
小学校などの幼少期に一度は経験した事があるという方も多い「フラフープ」 上手に回せた人も、苦労した人も多くいるかと思います。 実は、このフラフープがダイエットに非常に優れた運動である事がわかってきています。 最近ではフラフープのパフォーマ ...

効果的な水泳ダイエットの方法!泳ぐ時間や泳ぎ方やウォーキングと注意点
温水プールやスポーツジムの普及により、海に行かなくても気軽に水泳が楽しめるようになりました。 またスポーツジムの人気と普及によって、プールなどを使ったダイエットプログラムもよく知られるようになっています。 水泳と言えば、学生時代はプールの ...

ナナコロダイエットの管理人について

管理人

名前
ナナコ
性別
年齢
30代前半
住居
関西
はじめまして!当サイトの管理人「ナナコ」です。ダイエットに挫折を繰り返してきたからこそ、色々な角度からダイエット情報を判断できるようになりました。目指せ50kg以下を合言葉に今もチャレンジ中!

更新した記事

ケトン体ダイエットで痩せる!効果や方法とメニュー!臭い対策も
寝るだけって本当?嘘?ストレッチポールダイエットの正しいやり方と効果
バランスボールダイエット!座るだけ?効果的なやり方とサイズの選び方
効果を出すえごま油ダイエットのやり方!おすすめのタイミングや飲み方について
寝るだけの睡眠ダイエット!?やり方や寝る時間や睡眠時間と注意点について
チーズダイエットで痩せる効果はある?食べる量や時間のやり方とレシピ
チアシードで痩せるおすすめのレシピや食べ方と方法。驚きのダイエット効果も?
レモン酢ダイエット!自分で作る作り方や飲み方のアレンジレシピと注意点
食前?置き換え?量は?こんにゃくダイエットで痩せる方法とやり方の注意点
掃除しながらダイエット?片付けや掃除で痩せる方法とやり方や注意点


Page Top