その他のダイエット

実はNASAも認めるほどミドリムシは凄かった?
今話題のユーグレナダイエットで健康的に痩せよう

2005年、日本から画期的なニュースが世界に向けて報道されました。
沖縄県の石垣島で、ある企業がユーグレナの大量培養に成功したというものです。

ユーグレナとは日本語でミドリムシのことを言い、理科の実験などでお馴染みの生物です。
これだけでは、何が凄いのかというのが全くもってわかりませんが、実はこのユーグレナが、健康面だけでなくダイエットに効果的という事がわかってきました。

ダイエット面にどう働いてくれるのか全くもって未知数かもしれませんが、今回は、そんなユーグレナダイエットを紹介してみたいと思います。

ユーグレナダイエットとは

ユーグレナダイエットとは、ユーグレナ含有の食べ物を摂取することでダイエットを試みる方法です。
ユーグレナ自体が食品として登場したのは比較的歴史が新しいため、実際にどのような形でダイエットにつながるのかが想像しにくい方も多いと思います。

今のユーグレナは健康食品などのサプリメントとして紹介されている例がほとんどですが、実はお菓子などに含まれているものもあります。

ダイエットに限らず様々な効果が期待されていますが、実際にどう摂取して、どのような効果があるのかはあまり知られていません。
以下に詳細を紐解いていきます。

そもそも、ユーグレナとは

ユーグレナとは5億年前に地球で誕生したと言われている生き物で、ラテン語で「美しい眼」という意味です。
これはユーグレナが緑色の体内に光を感じる赤い点を1つ持っており、それが美しい瞳に見えたことに由来しています。

1970年代、NASAではユーグレナに宇宙開発の分野から注目していました。
ユーグレナは太陽光と二酸化炭素があれば育つ性質があるため、宇宙空間において乗組員が呼吸したときに排出される二酸化炭素だけにより成長し、酸素も同時に得られるというメリットをもたらしてくれるのです。

食料としても有用で、ユーグレナは動物でありながら葉緑素を持っています。
そのため二酸化炭素から酸素を生成できるわけですが、植物の性質と動物の性質を併せ持つ生物は大変貴重で、ユーグレナもその1つに当たるのです。

人間に必要な栄養素はユーグレナだけで補えるという説もあります。
ユーグレナは体内で人間に必要な栄養素をほぼ全て作り出せ、水・光・二酸化炭素があれば自ら光合成をして成長する性質があるため、地球の食糧不足を解決する生物として熱い視線が注がれています。

NASAが注目するほど有用と考えられていたユーグレナですが、実は、なかなか実用化には至りませんでした。
それはユーグレナの栄養分が豊富すぎたというのが理由です。

豊富な栄養素を持つユーグレナは、他の微生物にとっての大切な食料でもあります。
そのため、培養を試みてもほんの少しの微生物の混入ですぐに全滅してしまうので、大量培養は実現不可能とも言われていました。

しかし2005年、状況が一変する事態が起きました。
東京大学ベンチャー企業の株式会社ユーグレナが、石垣島でのユーグレナ大量培養に成功したのです。

世界初の結果が出たことにより、ミドリムシは世界のあらゆる機関から注目を浴びることとなっているのです。

ユーグレナの摂取方法。どのように摂取するのか

ユーグレナに豊富な栄養素があることは分かりましたが、では、具体的にはどのように摂取するのでしょうか。
以下に主要な摂取方法をご紹介します。

青汁などの緑汁として

ユーグレナを大麦若葉・明日葉などの植物とミックスしたサプリメントです。
主に水や牛乳などに溶かして飲用します。

青汁のような使い方が想定されます。
商品にもよりますが、クロレラや酵母エキスなどが配合されているものもあります。
青汁ダイエット

動植物の栄養素をバランス良く摂取できる、スタンダードなサプリメントと言えるでしょう。
より飲みやすく仕上げた抹茶仕立てや、錠剤のように飲める粒タイプもあります。

ユーグレナドリンク

果実・野菜とユーグレナをミックスしたジュースです。
商品にもよりますが、約200gで101kcalとダイエット中も比較的飲みやすい部類に入ります。

こちらも大麦若葉・明日葉が入っていますが、その他にりんごやかぼちゃ、ブドウなど甘めの野菜や果物をミックスしているため、緑汁よりも飲みやすくなっています。

お菓子

クッキーやきなこねじりといったお菓子にユーグレナが練りこんであります。
味は美味しく、違和感は全く無いという意見がほとんどです。

きなこねじりについては北海道産の大豆が原材料として使用されており、本格的なお菓子として販売されています。

バータイプのお菓子もあり、仕事の合間や移動中に気軽に摂取できます。
ユーグレナが石垣島で大量培養に成功したこともあり、沖縄名物ちんすこうにユーグレナが配合されたお菓子もあります。

コンビニ製品

一部コンビニでは、ユーグレナが入ったヨーグルトやプリンを購入できます。
食べやすい味に仕上がっており、一般的なお菓子と何ら変わりなく美味しく食べられます。

パンなどに練りこまれた商品もあり、簡単な食事としても摂取できます。

ユーグレナに含まれるダイエットに効果的な栄養素

ユーグレナは数多くの栄養素を含み、その中にはユーグレナ特有のものもあります。
以下に詳細をご紹介します。

パラミロン

ユーグレナ特有の栄養素でユーグレナの成分のうち、20~30%を構成しています。
炭と似たような構造をしており、表面に無数の穴が開いています。

パラミロンの特徴の1つとして、脂肪を吸着する働きがあり表面に開いた無数の穴に脂肪を吸着します。
身体に不要な油を排出してくれるので、コレステロールの排出も行われます。

脂肪だけでなく、脂肪に溶けた有害物質を一緒に吸収し、体外へ排出する働きをします。
体内において食物繊維に似たメカニズムを持つ栄養素です。

有害物質の中には重金属も含まれています。
人間の身体は知らず知らずのうちにカドミウムや水銀と言った有害物質を溜め込んでいます。

原因の一例として、水道水をそのまま飲んだりすることなどが挙げられます。

水道水自体は塩素消毒されていますが、水道管が古くなっていると、金属のサビや消毒時に発生する有害物質などを水に含んでしまいます。
一部の有害物質は煮沸することで無毒化できますが、金属は蒸発しませんから水分にそのまま含まれることになります。

水道管を選んで引っ越すわけにもいきませんから、家庭でできる対策は限られてきます。
その点ユーグレナは摂取するだけで良いので、もっとも簡単な方法の1つと言えるでしょう。

パラミロンは研究が進んでいるとはいえ、まだ本格的には人間の身体にどう関与しているか解明され切っていない成分でもあります。
上記の他にも、以下のような効果が見込まれています。

  • 抗ガン作用
  • 感染症予防
  • ストレス軽減
  • 活性酸素除去
  • 紫外線から身を守る
  • 造血
  • 糖尿病の症状改善

解明が進むことで、より多くの健康増進効果が期待される栄養素です。

ビタミンB群

糖質やたんぱく質、脂質をエネルギーに変換する際に重要なビタミンです。
新陳代謝に関わる栄養素です。

特徴の1つとして、ビタミンBという単体のビタミンは存在せず、それぞれの役割を協力しながら果たしていく栄養素であることが挙げられます。
以下にユーグレナに含まれる主だったものをご紹介します。

ビタミンB1

1つ目はビタミンB1のご紹介です。
こちらは糖質の代謝を助ける働きをします。

糖質は、エネルギーに正常に変換されない場合、脂肪として体内に蓄積します。
また、脳を動かすのに必要なエネルギー源が十分に頭に補給されないため、頭が上手く回らなくなります。

ビタミンB2

2つ目はビタミンB2です。
こちらは脂質の代謝を助けます。

脂肪を燃焼させる働きがあるので、ダイエットにとっては特に重要な栄誉素の1つです。
体内の細胞を再生させる働きもあり、髪や爪などの生成にも関係しています。

言うまでもなく不足すると脂肪の燃焼効率が落ちてしまい、血中の脂肪も増えて血がドロドロになります。

ビタミンB6

3つ目はビタミンB6です。
こちらはたんぱく質をエネルギーに変えたり、筋肉や血液を生成する働きをします。

ビタミンB2との相性が良く、同時に摂取することで効果を発揮します。
肉類を食べる人には特に重要な栄養素です。

ビタミンB12

最後にビタミンB12で赤血球の合成や、神経の働きを助ける作用があります。
赤血球には酸素を全身に届ける働きがあるため、ダイエット中の新陳代謝にも大きく影響を及ぼします。

不足すると運動機能の低下にもつながります。
主要なビタミンB群がこれほどバランスよく含まれている食品は稀なため、ユーグレナはダイエットに必要な栄養素が豊富と言えるでしょう。

ミネラル類

ユーグレナには豊富なミネラルが含まれており、カルシウム・カリウム以外の主要なミネラルはほぼ必要量を満たしています。
ミネラルもまたダイエット中は積極的に摂取したい栄養素になります。

特に鉄分は食事制限を行っていると不足しやすいため、積極的に摂取したい栄養素です。
鉄分の1日の摂取推奨量は10~12gですが、ユーグレナには100gあたり43mg含まれています。

リン・亜鉛と言ったミネラルも必要量を満たしています。
体内の栄養バランスを取りながら食事制限を行いたい方には最適です。

ユーグレナダイエットで得られる効果やメリット

ユーグレナダイエットには、減量効果の他にも様々なメリットがあります。
以下に詳細をご紹介します。

疲れにくくなる

先程、ユーグレナにはビタミンB群が豊富に含まれていることに触れました。
新陳代謝が活発になることで、運動・仕事後の回復力が高まります。

特に糖質の代謝はエネルギー源として重要で、きちんと代謝が行われないと身体に乳酸が溜まって疲労回復が遅れる原因になります。
ビタミンB群が豊富に含まれるユーグレナを摂取しておけば、スタミナを維持したままダイエットを続けられます。

睡眠の質が上がる

ユーグレナには「グリシン」という栄養素が含まれています。
アミノ酸の一種で、カニやエビなどに含まれています。

睡眠前に摂取することで体力回復に貢献し、安眠効果が期待できます。

ストレス抑制効果

人間の脳はストレスを感じると「セロトニン」という物質を分泌します。
セロトニンが分泌されることで、ストレスによる精神的なトラブルや体調不良などを抑制してくれます。

しかし、脳の緊張状態が続くと減少し、生成が追い付かなくなってしまいます。
そのためストレスに立ち向かうためには生成量を増やす必要があるのですが、ユーグレナにはセロトニン生成の材料となる物質が豊富に含まれています。

必須アミノ酸の一種である「トリプトファン」と、先程ご紹介したビタミンB6です。
ユーグレナには他にもアミノ酸がバランス良く含まれているため、セロトニンが効率良く生成されるのを助けてくれます。

ユーグレナダイエットでより効果を上げるための方法

ユーグレナダイエットを行う際は、用法・用量を守って摂取することが大切です。
サプリメントとして摂取する場合、商品によって1日に摂取する推奨量が異なりますから、説明書をしっかり確認したうえで飲用しましょう。

主だったサプリメント(粒)の場合、1日3~4粒を水などと一緒に引用するのが主流です。
ただし、タイミングについては特に指定はありません。

医薬品ではなく健康補助食品のため、薬事法により時間帯等のタイミングが指定できないという理由もあります。
とはいえ、好きなタイミングで自由に飲むより、よりダイエットに効果がある時間に飲用したい方も多いと思います。

そこでオススメなのが、食前・食後のタイミングです。
ユーグレナの豊富な栄養素を吸収するには、胃がよく動いている時間帯に摂取するのが望ましいとされています。

ユーグレナの消化吸収が単体で飲用するのに比べて促進され、老廃物などの早期排出効果も期待できます。

ただし、お菓子などから摂取する場合は、いくらダイエットに有効であっても食べ過ぎれば元も子もありません。
商品ごとにカロリーを確認したうえで、あくまでも栄養補助として摂取することを忘れずにしましょう。

ユーグレナダイエットのまとめ

ユーグレナダイエットは、NASAも注目した栄養価の高いユーグレナを摂取することで、身体に必要な栄養素を効率的に摂取しながら減量効果を狙うダイエット方法です。
新陳代謝を助ける栄養素が豊富に含まれているため、カロリー消費量の向上が期待でき、運動系のダイエットとの組み合わせも良好です。

摂取方法も豊富で、お菓子なども違和感無く食べられる食品ばかりです。
食べ過ぎに注意しつつ、積極的に取り入れていきましょう。

このダイエットに投稿された口コミ・体験談

現在、このダイエットに関する口コミ・体験談はありません。
この記事に対するコメントがありましたら、下記のボタンをクリックしてコメントを投稿してください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須お名前
必須メールアドレス
任意ウェブサイト
必須コメント

この記事と同じカテゴリにある記事

自分で?痛い?耳ツボダイエットの効果的で正しいやり方と注意点
ツボといえば、足の裏というイメージがあるかもしれません。 ですが、実は私たちの耳にも無数のツボが集まっており、その中にはダイエットにも効果があるものも多く存在しています。 具体的には食欲を抑えてくれる効果のあるツボであったり、ホルモンの働 ...

半身浴ダイエットの正しい時間とやり方と塩やアロマのおすすめアレンジ方法
毎日の寝る前の習慣と言えば、やはり日本人にとっては「お風呂」と言う人も多いかもしれません。 ですが、非常に残念な事に、最近ではライフスタイルの変化なども伴い、お風呂にに入らずシャワーで済ませる人が多くなってきています。 ダイエットをしたい ...

食べる順番を意識するだけで痩せる?食べ順ダイエットの効果と食べ方
普段何気なく食べている食事ですが、その食べる順番を意識して食べている方は、まだまだ非常に少ないです。 そういった事を全く意識せず、色々なダイエットにチャレンジするならば、まずは大切な食事の食べる順番を身に付けましょう。 実は、ご飯の食べる ...

半日断食ダイエットで効果!毎日のプチ断食のやり方や食べ方と注意点
ダイエットの世界では、一般的にはきちんと食べて運動することがダイエットの近道とされています。 しかしながら、そのいわゆる王道的な方法とは一線を画した方法というのも、また存在しています。 特に、断食と呼ばれる一定期間食べない方法は人気も高く ...

安全?危険?ファスティング/断食ダイエットの効果と1週間のやり方と注意点
日本語で「不食・断食」と訳されることも多いファスティングですが、ただその名前だけのイメージが先行している感もあり、かなり意思の強い人でなければ難しそうなイメージを持つ方も多いかもしれません。 しかしながら、実際には今はファスティングダイエ ...

週一の岩盤浴ダイエットで基礎代謝を上げて痩せる!効果的な入り方と水分補給の注意点
日本の素晴らしい文化の1つに温泉があります。 効能が豊富な泉質であれば、疲労回復だけでなく体調不良の改善も見込めます。 しかしながら、日本人はそんな温泉文化だけでは飽き足らず、様々な形でのリラックス法を考え出してきました。 そして、次第 ...

医師によるメディカルダイエットで痩せる効果は?デメリット・注意点も知っておこう
ダイエットには、今では色々なやり方が存在します。 食事改善系、運動系と方法や手段は色々ありますが、実際に成功するためには、それらの手段や方法よりも、「意志の力」が必要です。 食べたいけど食べない、動きたくないけど動く、止めたいけど止めない ...

寝るだけの睡眠ダイエット!?やり方や寝る時間や睡眠時間と注意点について
人間の3大欲求の1つに挙がるほど私たちにとって切ってもきれない関係にあるのが「睡眠」です。 一見、この睡眠は健康に大きな影響をおよぼすものの、あまりダイエットに関連したテーマではないと思っている人も多いかもしれません。 そもそも、睡眠をし ...

より効果を出す全身浴ダイエットのやり方!入る時間や頻度と注意すべき点
毎日のお風呂ですが、忙しくなるとシャワーで済ませたくなりますよね。 しかし、1日の終わりに入浴して、その日の疲れを取るという事は、色々な角度から見ても非常に大切なのです。 そして、ダイエットにおいても入浴は重要です。 しっかりとお湯につか ...

ナナコロダイエットの管理人について

管理人

名前
ナナコ
性別
年齢
30代前半
住居
関西
はじめまして!当サイトの管理人「ナナコ」です。ダイエットに挫折を繰り返してきたからこそ、色々な角度からダイエット情報を判断できるようになりました。目指せ50kg以下を合言葉に今もチャレンジ中!

更新した記事

イチゴダイエットの効果や口コミ!置き換えや時間など痩せる方法と注意点
ケトン体ダイエットで痩せる!効果や方法とメニュー!臭い対策も
寝るだけって本当?嘘?ストレッチポールダイエットの正しいやり方と効果
バランスボールダイエット!座るだけ?効果的なやり方とサイズの選び方
効果を出すえごま油ダイエットのやり方!おすすめのタイミングや飲み方について
寝るだけの睡眠ダイエット!?やり方や寝る時間や睡眠時間と注意点について
チーズダイエットで痩せる効果はある?食べる量や時間のやり方とレシピ
チアシードで痩せるおすすめのレシピや食べ方と方法。驚きのダイエット効果も?
レモン酢ダイエット!自分で作る作り方や飲み方のアレンジレシピと注意点
食前?置き換え?量は?こんにゃくダイエットで痩せる方法とやり方の注意点


Page Top