運動系ダイエット

え?と思うけど実は隠れた人気のダイエット!
腕組みダイエットで身体をしっかりコントロールしよう

ダイエット効果の高い運動は数多くあります。
道具を使うものもあれば、身体をひたすらいじめる方法もあります。

そんなダイエット法が多々ある昨今にも関わらず、腕組みでダイエットできると言われたらどうでしょうか。
あ、腕組みダイエットね!とピンと来る方は少ないどころか、「いやいや、それは嘘でしょ」といった声が聞こえてきそうです。

しかしながら、実は、正しい方法で腕組みを行いながら身体を動かすことで、ダイエット効果が期待できるのです。
今回は、そんな腕組みダイエットを紹介していきたいと思います。

腕組みダイエットとは

腕組みダイエットとは、腕を後ろ手に組んだ状態で身体を動かすことで、シェイプアップを狙うダイエット方法です。
ウエストに効く方法もあれば首回り・ヒップに効果のある方法もあり、どちらかというと減量よりも見た目の美しさに重きを置いたエクササイズと言えます。

特筆すべきはその手軽さです。
一見すると腕を組んだまま、ゆらゆらと身体を動かすだけのエクササイズのため、性別や体力を問わず気軽に取り組めるのが魅力の1つです。

身体に負担をかける動きが少ないのも特徴です。
ただ、注意点としては、いないとは思うのですが、腕組みダイエット=腕を組むだけと勘違いしてしまわないよう注意しましょう。

腕組みダイエットの提唱者や実践者や口コミ

腕組みダイエットを提唱しているのは、オグラ式腕組みストレッチを提唱している小倉義人さんです。
大阪府出身で、多くのタレントやモデルの体型管理に携わっている方です。

鍼灸整骨院の治療スタッフとしての経験を基に、アスリートのパーソナルトレーナーとして独立し、その後芸能人向けのパーソナルトレーナーとして人気を集めています。

注目すべきはそのダイエットに対する考え方で、体重の数値の大きさで結果を計る従来のダイエットに疑問を持ち、体重ではなく見た目的に美しいかどうかが大切であるという基準のもと、ボディコントロールのメニューを組み立てています。

小倉さんの有名なキャリアの1つに、女優である吉岡美穂さんの指導があります。
デビュー当時からボディメイクに携わっており、このキャリアが「日本初の芸能界専門パーソナルトレーナー」として活動するきっかけとなりました。

恰幅の良い体型でお馴染みのお笑いタレントである伊集院光さんも、小倉さんの指導により肉体改造に成功しています。
他にも女優の藤田弓子さんや、南海キャンディーズのしずちゃんもサイズダウンに成功しています。

実は師事している方は多く、成功者も数多く輩出しているため、各種メディアでも引っ張りだこです。
書籍も出版されており、その中で以下の内容を提唱しています。

  • 体重計はいらない
  • 食事制限しない
  • ムリな運動は必要なし
  • リバウンドしない
  • バストのサイズダウンなし

上記を見る限り、非常に緩い内容のダイエット方法ですが、見た目を常に気にする必要性に迫られる芸能人の厳しい眼にかなったこともあり、信用できるダイエットと言えそうです。

腕組みダイエットで大切となる「ボディコントロール」について

腕組みダイエットを語るうえで重要なのは「ボディコントロール」という考え方です。
今までのダイエットが持つ考え方や哲学とは一線を画すもので、禁欲的なダイエットに慣れている方にとっては受け入れにくい考え方かもしれません。

従来のダイエットのやり方で言うならば、ダイエットを成功させるためには色々な制限がありました。

  • 食事制限をしなければならない
  • 食べ過ぎてはいけない
  • 運動をしなければならない

こういった、様々な「制限」が付きものであるという考え方が主流でした。

1つのダイエット方法を取り入れる際はある程度ルールというものを守らねばならず、目標を達成するまではそのルールにのっとった生活を意識する必要があります。

ボディコントロールは視点がちょっと違い、ダイエット方法を突き詰めるのではなく、痩せている人が持つ「習慣」を突き詰めるというものです。
具体的には、痩せている人が普段行っている習慣をトッピングのように考え、気が向いたときに必要な分だけ行います。

腕組みダイエットもそのトッピングの1つとして考え、やりたいと思えばやればいいし、やりたくなければやらなければいいという、エクササイズに対する非常に柔軟な考え方が魅力の1つでもあります。

もちろん気が向いたのであれば毎日行っても支障はありません。
行えば行った分だけサイズダウンが見込めますし、エクササイズを続けることで見た目は確実に変わりますから、正しい方法をしっかりと覚えて実践すれば結果は付いてきます。

腕組みダイエットで得られる効果

腕組みダイエットを継続することにより、どのような効果が期待できるのでしょうか。
以下に詳細をご紹介します。

ウエストのサイズダウン

先程ご紹介した南海キャンディーズのしずちゃんは、2週間腕組みダイエットを実践することにより、ウエストを-10cmサイズダウンさせることに成功しました。
腰をしっかりと動かすエクササイズを正しい姿勢で行うので、腰痛などに悩まされることなく習慣化できます。

あごのたるみを抑える

腕組みダイエットには、腕を組んだまま首を伸ばす動きを行うエクササイズがあります。
こちらを継続することで、細い首とたるまないあご作りに貢献してくれます。

ストレッチ感覚で首を伸ばすため、痛みを感じることなくエクササイズが終わります。

ヒップアップ

腕組みダイエットでは、基本姿勢を維持したまま足を規則的に動かすことで、ヒップアップにつながる運動も行います。
運動といっても強い調子で足踏みをしたり、段差を昇り降りするようなトレーニングは行いません。

簡単な動作で必要な筋肉だけを刺激するため、足を痛める心配なくエクササイズができ、ヒップアップが期待できます。

腕組みダイエットの効果やメリット

腕組みダイエットは気軽に取り組みやすく、通常のダイエットと比べても数多くのメリットがあります。
以下に詳細をご紹介します。

場所や時間のしばりがない

腕組みダイエットは、腕を組んで立ち、足を自由に動かせる程度のスペースがあればどこでもエクササイズができます。
畳一畳分のスペースがあれば一連のエクササイズが難なくこなせます。

オフィスワークの休憩中に廊下や屋上で行ったり、トイレへ行った時についでで行ったり、休みの日は散歩の合間に公園で気が向いたときに行えます。
運動を行う時間帯も特に指定されていませんから、お風呂に入る前などにさっと取り組んでもOKです。

見た目的に分かりやすい部位をエクササイズできる

腕組みダイエットで動かす場所は、ウエスト・首・あご・ヒップといった、キレイな見た目を決める箇所に集中しています。

ウエストであれば、コーディネートによってはお腹のたるみ具合が服の上からでも分かってしまいますし、首やあごは顔を見た際にたるみなどに気付きやすい部位です。

ヒップについてもタイトスカートやパンツスーツを着た場合、ラインがくっきりと分かってしまいます。
人から見られることが多い人にとっては、標準体重などの数値よりも、自分以外の目線で見たルックスがどう評価されているかを気にする方も多いようです。

その点腕組みダイエットは見た目を整えることを重要視しており、他人の厳しい目線にさらされている芸能人が取り入れた方法ですから、ルックスの改善に効果が期待できます。

実際の腕組みダイエットのやり方

ここまで腕組みダイエットにどのような特徴があるのかをご紹介してきました。
ここからは、具体的なエクササイズの方法をご紹介していきます。

基本姿勢

  1. 足を揃えてまっすぐに立つ
  2. 肩・腕の力を抜く。※ぶらぶらとそれぞれの部位を楽に動かせる程度
  3. 腕を後ろで組む。このとき、右手・左手どちらで手首を持つかは意識せず、自分が組みたいように組む
  4. 下腹部に意識を持っていき、身体を揺らさないように固定し、姿勢を保つ
  5. 顔・目線ともに斜め45度上を見上げるようにして、あごを上げる
  6. 手順5.の状態から、目線は上を向いたままあごを下げる
  7. あごを上に向けて斜め上に目をやる
  8. あごを下げ、ゆっくりと目線を正面まで持ってくる
  9. 後ろで組んでいた手を左右逆に組み替える。そうすると違和感のある方で手を組むことになる
  10. 手順1~9を踏んで基本姿勢は完成

基本姿勢を保てるようになったら、その状態から各種エクササイズを始めていきます。
まずはウエストのエクササイズです。

ウエストシェイプ(横)

  1. 基本姿勢を取る
  2. 上半身をゆっくり左に倒し、その状態で10秒キープする。このとき、首だけを曲げないよう気を付けて、上半身全体を傾けることを意識する
  3. 反対側も同様に行う

ウエストシェイプ(縦)

  1. 基本姿勢を取る
  2. あご・胸の間・へそを結ぶ一直線のラインを意識する。そのラインが一直線のままずれないよう気を付けて、上半身を左にひねり、ひねった後は10秒間その状態をキープする
  3. 反対側も同様に行う

縦・横ともに簡単なエクササイズではありますが、腕を後ろに組んでエクササイズを行うと、慣れないうちは身体のバランスを崩しやすいので、無理せずにできる範囲で行いましょう。

ウエストのエクササイズを問題無く行えるようになったら、他のエクササイズにもチャレンジしてみましょう。
次は首に効くエクササイズのご紹介です。

ネックロール

  1. 基本姿勢を取る
  2. 首の後ろを伸ばすように下を向く
  3. 手順2の状態からゆっくりと10秒かけて首を一周回す
  4. 反対側も同様に行う

首を回す際は、どの部分が伸びているのか筋肉の状態を確認しながら行いましょう。
強く伸ばす必要は無く、自分が気持ちいいと感じる範囲で動かせば大丈夫です。

最後はお尻に効くエクササイズのご紹介です。

ヒップアップ運動

  1. 基本姿勢を取る
  2. 左足をまっすぐ後ろに動かす
  3. 手順2の状態でつま先を立て、10秒その状態をキープする
  4. キープ後、左足を半円を描くように外側に動かし、足先を斜め後ろに動かし、このときもつま先は立てたままで行い、動かしたあと10秒キープ
  5. 逆の足でも同様にエクササイズを行う
  6. 両方のエクササイズが終わったら、右足を斜め後ろに動かし、つま先を立てて10秒キープ
  7. 手順1~6を好きな回数行う。※(セット数に制限は特になし)

運動自体にある程度の規則性はありますが、行う回数には制限が無いというエクササイズになりますから、自分の好きなタイミングで始め、終えることが可能です。
思い立ったら気軽に始めるのが賢いやり方と言えそうです。

腕組みダイエットと併せて行うと効果的な取り組み

腕組みダイエットは、小倉義人さんが提唱するボディコントロールのメニューの1つに過ぎません。

ダイエットに有効な習慣であれば気軽に自分の好きなタイミングで取り入れ、無理なく行うことが結果的にダイエットを成功させるという考え方が根幹にありますから、他にも有効な方法があれば楽しく取り入れるのが効果を高めることにつながります。

以下にオススメの取り組みをご紹介します。

肉などのたんぱく質を摂取する

食事においてとかく重要視されるのがカロリーです。
運動効果を高めて美しい身体を作るには筋肉の元となるたんぱく質をしっかり摂ることが大切です。

炭水化物の量を必要以上に摂取せず、代わりに肉・魚のたんぱく質をしっかりと摂りましょう。

食事の最初にサラダを食べる

生野菜を食べる際、飲み込むまでに何度か噛む必要があります。
この噛む手間をかけることにより、満腹中枢が刺激されてお腹がふくれるのが早くなります。

野菜には食物繊維が豊富に含まれているものが多いので、脂肪分の吸着・排出にも役立ってくれます。

食事制限はせず、サプリメントを活用する

無理をして食事の回数を減らすことで、かえって身体はその状態を飢餓状態として認識してしまい、脂肪を貯蓄しようと働きます。
これがリバウンドの大きな要因であり、無理な食事制限はかえって身体の健康バランスを崩してしまいます。

食べたい・飲みたいといった欲求を我慢せず、脂肪の吸収をカットできるサプリメントを積極的に取り入れましょう。

腕組みダイエットのまとめ

腕組みダイエットは、芸能人のボディコントロールにおいて第一人者である小倉義人さんが考案した、ダイエットプログラムの1つです。
腕を後ろ手で組みながら、正しい姿勢で力を使わずに腰をひねったり首を回すなどして、見た目の美しさにつなげるカリキュラムです。

場所や時間を気にせず気軽に取り組め、多くのダイエットに存在する禁欲的な習慣を気にしないことが特徴です。
精神的にも肉体的にも負荷が少ない方法ですから、スキマ時間に気軽に取り組んでみましょう。

このダイエットに投稿された口コミ・体験談

現在、このダイエットに関する口コミ・体験談はありません。
この記事に対するコメントがありましたら、下記のボタンをクリックしてコメントを投稿してください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須お名前
必須メールアドレス
任意ウェブサイト
必須コメント

この記事と同じカテゴリにある記事

ブリッジダイエットで痩せる方法!驚きの効果や様々なブリッジのやり方と注意点
小学生の頃は身体が柔らかく、体育館などでブリッジのポーズを難なくこなせた方も多かったのではないでしょうか。 弓なりに身体を反らせるブリッジのポーズはできると楽しく、一輪車や竹馬と同じように友達とどこまでできるか競い合う子供も少なくありません ...

スクワットダイエットで足痩せ!期間・回数など効果的なやり方とスクワットの注意点
スクワットと聞くと、2種類のイメージが浮かびます。 1つが筋トレというイメージ、もう1つがダイエットというイメージです。 まだまだ筋トレというイメージが強いかもしれませんが、実は最近ではスクワットでダイエットにチャレンジする方は増えてきて ...

痩せるウォーキングダイエットの歩き方!歩数と距離の注意点と食べ合わせ情報
ダイエットはしなければ…と思いながらも、あまり運動は得意ではないし、できれば激しい運動はしたくない……。 そう考えている人はとても多いはずです。 そんな方に一番ピッタリでおすすめなのがウォーキングによるダイエットです。 運動が苦手な方でも ...

自転車ダイエットで効率的に痩せる乗り方や漕ぎ方のコツと何キロ走ると良いのか
自転車といえば日本のみならず、世界中で利用されている多くの人にとって、とても身近な交通手段になります。 今や、自転車に乗ったことがないという人の方が少ないくらい、誰もが知っている乗り物になります。 最近では運動不足などが叫ばれる事もあり、 ...

効果的な水泳ダイエットの方法!泳ぐ時間や泳ぎ方やウォーキングと注意点
温水プールやスポーツジムの普及により、海に行かなくても気軽に水泳が楽しめるようになりました。 またスポーツジムの人気と普及によって、プールなどを使ったダイエットプログラムもよく知られるようになっています。 水泳と言えば、学生時代はプールの ...

寝るだけって本当?嘘?ストレッチポールダイエットの正しいやり方と効果
今では定番な健康器具の1つになってきた「ストレッチポール」 フィットネスジムだけで無く、家に1つ、2つあるというような家庭も増えてきました。 それくらいに今の時代、多くの人が健康に気を遣っている時代でもあります。 ストレッチポールは、そう ...

初心者も安心!効果を出すヨガダイエットの方法と呼吸とおすすめポーズ
ヨガと言えば、今では女性だけに留まらず、男性も実践する方が増え、さらには年代も問わず、老若男女に人気です。 そんなヨガは、インドを発祥としており、1970年代にブームが起こって以来、日本でも広く取り入れられるようになり、様々なヨガのバリエ ...

効果的なフラフープダイエットのためのサイズや重さの選び方と回すコツ
小学校などの幼少期に一度は経験した事があるという方も多い「フラフープ」 上手に回せた人も、苦労した人も多くいるかと思います。 実は、このフラフープがダイエットに非常に優れた運動である事がわかってきています。 最近ではフラフープのパフォーマ ...

四股踏みでダイエット効果?下半身や足痩せに繋がる方法とコツや注意点
日本の国技である相撲。 その世界で戦っている相撲取りの方々は、毎日四股踏みを300回は行っているそうです。 実はこの四股踏みという行為には、様々な効果が期待できます。 相撲取りの大きな身体からでは、なかなか四股踏みがダイエットに効果がある ...

ナナコロダイエットの管理人について

管理人

名前
ナナコ
性別
年齢
30代前半
住居
関西
はじめまして!当サイトの管理人「ナナコ」です。ダイエットに挫折を繰り返してきたからこそ、色々な角度からダイエット情報を判断できるようになりました。目指せ50kg以下を合言葉に今もチャレンジ中!

更新した記事

イチゴダイエットの効果や口コミ!置き換えや時間など痩せる方法と注意点
ケトン体ダイエットで痩せる!効果や方法とメニュー!臭い対策も
寝るだけって本当?嘘?ストレッチポールダイエットの正しいやり方と効果
バランスボールダイエット!座るだけ?効果的なやり方とサイズの選び方
効果を出すえごま油ダイエットのやり方!おすすめのタイミングや飲み方について
寝るだけの睡眠ダイエット!?やり方や寝る時間や睡眠時間と注意点について
チーズダイエットで痩せる効果はある?食べる量や時間のやり方とレシピ
チアシードで痩せるおすすめのレシピや食べ方と方法。驚きのダイエット効果も?
レモン酢ダイエット!自分で作る作り方や飲み方のアレンジレシピと注意点
食前?置き換え?量は?こんにゃくダイエットで痩せる方法とやり方の注意点


Page Top