飲み物系ダイエット

モデルやセレブが実践するスムージーダイエット。
驚きの効果や有効な飲み方とおすすめメニューも紹介!

スムージーと言えば、今や言わずと知れた飲み物になっています。
健康志向のセレブやモデルなど、多くの人が、日常的に愛飲しているものの1つとなり、知れ渡るようになりました。

また、ダイエットだけを目的とせずに、体調を整える意味で食事として取り入れている方もいるようです。
ですが、やはりモデルやセレブが取り入れているという事もあってか、スムージーにおいてはダイエット効果はどのようなものなのかというのは多くの人が気になるポイントです。

今回は、そんなスムージーダイエットについて、効果・口コミ・有効な飲み方などを合わせて紹介していきたいと思います。「

スムージーダイエットとは

スムージーダイエットとは、名前の通り、野菜や果物などを使ったスムージーを作り、それを飲むことで減量効果を狙うダイエット方法です。
主にミキサーを使って作ることが多いですが、生の野菜や果物を入れて作ることが出来るので、その分食物繊維や酵素といった栄養素を身体に取り入れやすくなります。

今では割と知られたスムージーではありますが、人気になったのはつい最近でもあります。
海外セレブや人気モデル、日本でも多くの芸能人や人気モデルが実践しているという事もあって若い人に人気が高いダイエットになっています。

今では方法論や実践方法なども多数ありますが、基本としては同じになっています。

スムージーダイエットの提唱者や実践者の口コミ

スムージーダイエットに関する書籍は数多く出版されており、方法論も様々です。
酵素を摂取することを優先するものもあれば、体重管理だけでなく健康改善効果を狙ったものもあります。

その中でもっとも知名度の高い方法の1つが、ローフード料理研究家のヴィクトリア・プーテンコさんが考案した「グリーンスムージーダイエット」になります。

グリーンスムージーを定義すると「生の葉野菜と生の果物をミキサーで混ぜ合わせて作る飲み物」になります。
このとき、牛乳や豆乳は使わず、水で混ぜ合わせます。

作り方は簡単で、材料選びもそれほど難しくないことから、多くの有名人や芸能人が取り組み、成果をあげてきました。
より本格的にスムージー作りを学びたい方向けに、ワークショップなども開催されており、健康に関心のある世代が数多く学んでいます。

春・夏・秋・冬それぞれの季節に合った、スムージーの作り方などを教えてくれます。
中には、自らスムージーの材料を選ばず、あらかじめ栄養成分が粉末にされた市販のスムージーを使うことにより、ダイエットに成功した方もいます。

特に、芸能人・モデルなどの生活が不規則になりがちな方は、スタイルキープのため、外出先でも気軽に摂取できる粉末タイプのものを愛用しているようです。

実際にスムージーダイエットを行った方の口コミには、以下のようなものがあります。

———————————————

2ヶ月で2kgほど減量しました!
1食だけをスムージーに置き換えただけだったので、辛くありませんでした。

———————————————

毎朝スムージーを飲むようにしてから、昼食までお腹が空かないので間食をしなくなりました。

———————————————

粉末タイプを飲んでいます。
1年間で10kgの減量に成功しました。

———————————————

思っていた以上に腹持ちが良く、ダイエット効果があったという声がある反面、スムージーを作るのが面倒になったり、思うように体重が減らなかったという声もありました。
効果が今一つという場合は、運動などで何らかの刺激を身体に与える必要がありそうです。

スムージーダイエットのやり方、方法、作り方

スムージーダイエットは今では様々な方法があります。
摂取するタイミングとしては、主に朝食をスムージーに置き換えるパターンが主流ですが、1日1~2リットルを空腹時にこまめに飲む方法もあります。

まずは基本的なスムージーダイエットの方法について紹介していきたいと思います。

でんぷん質を含む野菜は入れない

スムージーに入れる野菜ですが、何でもOKというわけではありません。
野菜の中で栄養面が高く人気のあるものであっても、ことスムージーには向かないものも多いのです。

一例を挙げるとトマトがあります。
トマトは栄養面で優れている野菜として有名ですが、糖質が多い野菜です。
特に、フルーツトマトになるとさらに糖質が多くなるため、ダイエットには不向きなのです。

スムージーにトマトを入れるのであれば、トマト自体がダイエットに向いている食材でもあるため、そのまま食べてトマトダイエットを実践するほうが向いていると言えます。
トマトダイエット

また、根菜類は食物繊維が多いため、ダイエットに用いられることが多いですが、糖質も含んでいるため摂取量には注意が必要になります。
具体的には、ゴボウやニンジン・レンコンなどが該当します。

その他には、ジャガイモ・サツマイモなどのイモ類・豆類も、スムージー向きの野菜ではありません。
生食に向いておらず、でんぷん質も含んでいるため、太るリスクがある野菜と言えます。

果物と摂取することにより、腸内でガスが発生しやすいため、腸内環境を整える意味でも別の野菜を選んだ方が良いでしょう。

果物の糖分に気を付ける

スムージーダイエットで使用する野菜は、主に葉物が中心になりますが、苦みが気になって飲みにくいと感じる方も多いと思います。
そこで、リンゴ・バナナなどの果物を入れて、甘みを追加する方が多いはずです。

また、果物は砂糖と異なりビタミン類を含んでいることから、栄養面でもバランスが取れる食べ物です。
しかしながら、いくら食べても良いわけではありません。

果物には「果糖」が存在しており、主に肝臓で代謝されます。
血糖値を上げないため、インスリンの活動には影響を及ぼしませんから、適量であれば問題ありません。

しかし、摂取し過ぎることで中性脂肪を増やす可能性があり、肝臓にダメージを与えるリスクがあります。
グレープフルーツやみかん・イチゴなど、比較的果糖の少ない果物を選ぶのが、ダイエットを成功させるコツと言えます。

冷やさず常温で飲む

スムージーを飲むメリットの1つに、熱に弱い酵素などの栄養分をそのまま取り入れられるというものがあります。
ただし、スムージーを冷やして飲むのはあまり効果がありません。

スムージーに限らず、そもそも冷たい飲み物は内臓を冷やしてしまいます。
すると、体温の低下を促進してしまいます。

暑い夏ならばともかく、秋・冬などの寒い季節に、飲みやすいからといってスムージーを冷蔵庫で冷やすのは逆効果です。
冷たい飲み物を飲み続けることは、身体の機能を低下させる効果もあることから、冷やさず常温でいただくのが効果的です。

スムージーダイエットにより、期待できるダイエット効果

スムージーダイエットを継続することで、どのようなダイエット効果が期待できるのでしょうか。
以下に詳細をご紹介していきます。

酵素が取り入れられ、新陳代謝が良くなる

スムージーを飲むことにより、身体に不足しがちな「酵素」を取り入れることができます。
酵素は人間の体温と同じくらいの温度で活発に働くため、加熱調理をしてしまうと死んでしまいます。

そのため、酵素を取り入れるには生野菜・生の果物を摂取する必要があり、人間の身体で働いている酵素には、消化酵素と代謝酵素の2種類があります。

消化酵素は、胃腸における食べ物の消化を助けます。
これに対して代謝酵素は、消化によって得られた栄養素を、身体中の必要な箇所にまんべんなく送る働きを助けます。

どちらの役割も身体にとって必要なものですが、この2種類の酵素は体内で厳密に分かれているわけではありません。

人間の身体を維持する関係上、まずは食べ物をしっかりと消化する働きが優先するのです。
しかし、人間の体内で作られる酵素の量は限られており、消化に酵素の量を取られると、代謝酵素の数がその分少なくなります。

代謝が十分にできないと、不要な栄養素が体内に溜まってしまい、脂肪として代謝されず残ってしまいます。
そのため、スムージーを飲むなどして酵素を身体に取り入れることで、消化酵素を助けることにより、結果として代謝酵素の働きを助けられるのです。

お通じを助け、肌の調子を整える

スムージーを飲むことにより、食材から酵素を取り入れることで、消化能力が高まります。
また、スムージー自体に含まれる食物繊維が、お通じを助けてくれます。

食物繊維には、腸の中にある便のかさを増す働きと、腸内の老廃物や毒素をからめ取って便と一緒に排出する役割があります。
いずれも腸内をキレイにしてくれる働きを持っているので、便通が良くなり、宿便が少なくなります。

腸内に宿便があると、次第に便から水分が体内に吸収されてしまい、便が出にくくなって腸内で腐敗を始めます。
すると、腸内に溜まってしまった毒素は行き場を失い、肌などの箇所から毒素を発散しようとします。

その結果、皮膚細胞の生まれ変わりのサイクルが狂い、肌のキメに乱れが生じたり、古い角質が溜まって毛穴が詰まるという症状が発生します。

具体的な症状としては、くすみ・乾燥・ニキビ・吹き出物などのような肌荒れとなって現れてきます。
このような症状を防ぐためにも、毎日スムージーを飲んで食物繊維と酵素を摂取することが有効なのです。

血流を改善し抗酸化力を高める

スムージーを飲み続けることにより、血流を改善しつつ体内の酸化を防ぐ効果が期待できます。

先ほど、野菜・果物を選んでスムージーを作ることを紹介しましたが、根菜類・イモ類・糖質の高い野菜を除外すると、必然的に葉物野菜が中心になってきます。

実は、葉物野菜には、血栓をできにくくして血流を促進する成分が含まれているのですが、その成分とは「クロロフィル」と呼ばれる成分です。
日本語では葉緑素と呼ばれ、血中のコレステロールを下げる働きがあります。

血管の中にコレステロールが付着するのを防ぎ、血栓ができるのを予防し、その結果、血流が改善されるため、動脈硬化・生活習慣病の予防に効果があるのです。

また、葉物野菜にはファイトケミカルの含有量も多く、抗酸化力により老化を防ぎつつ、体内に脂肪が蓄積するのを防ぎます。

体内において活性酸素は、ウィルスなどの身体に害を及ぼす生物を攻撃する免疫機能を持っています。
しかし、過剰に体内に存在すると、細胞自体も攻撃するようになります。

具体的には、細胞の中に含まれている脂肪が攻撃され、過酸化脂質という物質になり、消費されにくい成分に変化してしまうのです。
このような状況を防ぐためにも、活性酸素を除去することは大切なのです。

スムージーダイエットの効果をより高める方法・飲み方

スムージーダイエットによって、より高い減量効果を得るためには、どのような工夫が必要なのでしょうか。
以下に詳細を紹介していきます。

時間を決めて飲む

スムージーダイエットの基本は「空腹時にスムージーを飲む」ことになります。
しかし、多くの場合は時間を決めなければ、なかなか飲む習慣を身に付けられません。

スムージーは生ものになるため、社会人なら職場に、学生なら学校に持参していくというのが、なかなか難しいところがあります。

そこで大切なのが、自分が続けられる時間帯に飲むことです。
実際、成功者の多くが「朝食」をスムージーに置き換えて成功しているという事実があります。

きちんとした朝食を準備するのは忙しいですが、スムージーであれば手軽に作れて置き換えも可能ですし、決まった時間に飲む事で習慣化しやすく継続しやすくなります。

葉物野菜は緑が濃いものを選ぶ

スムージーダイエットに適している野菜は葉物野菜になりますが、色にも注意が必要です。
できれば、緑の濃い野菜を選びたいところです。

その理由は、色の濃い野菜ほど、栄養素が豊富に含まれている傾向があるからです。
カロチン・ビタミンを数多く含むものが多く、ダイエットによって偏る栄養バランスを整える効果が期待できます。

一例を挙げると、小松菜やほうれん草が選びやすく、栄養価も高い葉物野菜になります。
どちらも鉄分やβ-カロテン・ビタミンCを豊富に含んでいるため、ダイエットを間接的にサポートしてくれます。

ほうれん草自体、ダイエットとしても単体でメニューが組まれるほどに人気ですから、最も取り入れたいメニューの1つと言っても良いかもしれません。
ほうれん草ダイエット

ダイエットでカロリーを重視する方は多いですが、何よりも大事なのはダイエットを「継続すること」であり、そのためには栄養バランスに偏りを生まない工夫が大切です。
スムージーに入れる野菜には、そのような点からも工夫が必要です。

自作でない粉末・市販スムージーの利用について

スムージーと言えば、つい自作と思う人が多いと思います。
実際にスムージーダイエットを実践している人の多くは、自分でメニューを考えて自作している人が多いです。

一方、スムージーにはダイエット向けの市販されている粉末のスムージーも存在しています。
これらのメリットデメリットや、自作とは何がどう違うのかなど見ておきましょう。

自作には自作の良さがあり価格的にもメリット

やはりスムージーは自作という人も多いのですが、その最たるメリットがやはり栄養や味を自分で決められるという点にあります。
ある程度のバランスは必要ですが、少し味に甘みを加えたり、苦みをおさえようとしたりといった事が自作であれば容易にできます。

市販のものですと、粉末で溶かして飲むタイプが多いため、味をそこから調整するのが困難になります。

また、やはり市販のものはどうしても高くつくことが多いです。
企業も試行錯誤し、競合や自作スムージーにどう打ち勝つかを考えて、色々なメニューを作っては試してといって作られた品です。

そのため、どうしても価格という面では野菜や果物を自分で買って作るよりは、市販の粉末などを買う方が高く付くという事が多くなります。

ただ、市販の場合は粉末だからこそ出来る、企業が色々な成分などを調整して自作スムージーにはなかなか配合できない美容や健康にメリットのある成分が含まれている事もあります。

色々なバランスを考えながら選ぶようにしましょう。

続けるという点において粉末を賢く利用するのも1つの手

スムージーに限らず、ダイエットは継続するという事が、実は最も難易度が高くなります。

簡単なダイエットなら続ける事自体は難しくないけれど、簡単がゆえに効果がなかなか出ず結局は断念してしまったり、厳しめダイエットならその厳しさから挫折してしまいダイエットを断念するといった具合に、続けるという事がダイエットでは最難関の1つに挙げられます。

どれだけ厳しいダイエットを実践しようと心がけても、身の丈にあっていなければ自分自身を苦しめてしまい、最悪の場合はリバウンドへと繋がってしまう事すらありえます。

そこで重要になるのが良い意味での「適当さ」です。
スムージーはミキサーを使えば簡単に作れるものではありますが、時には作るのさえ面倒に感じる日も出てくるかもしれません。

そういった時に、厳しくし作らなければ!と奮い立たすのも手ではありますが、時にはパッケージングされている粉末のスムージーなどを利用して、上手に手を抜くという方法もあります。

ダイエットは1回や1日何かを実践したからといって、大きく変わるものではありません。
大事なのは、そのダイエット法が健康的に問題がなく、それを続けていけるかという点です。

逆に考えていけば、スムージーダイエットにおいては、自分が作りやすく、飲みやすい方法を柔軟に取り入れていくことが、スムージーダイエットを続けられるうかどうかの1つのポイントになるという事です。

粉末も、自分で作るものも、同じスムージーという食事であることに変わりはありません。
場合によっては、粉末などであれば味も変わりますし成分も変えられることで、栄養バランスを整えたり味に変化を付けて楽しむ事もできます。

基本的なルールを逸脱しなければ、商品に定められた用法・用量にこだわらず、飲用するのも効果的です。

スムージーダイエットのまとめ

スムージーダイエットは、今では多くの人が取り入れたり興味を持っているダイエット方法の1つになっているほど知名度が急激に上がったダイエット法です。

理由としては、健康に配慮しつつ気軽に取り組めるダイエットという事もあり、特に若い女性からの人気は高いものがあります。

主に空腹時に飲むことで効果を発揮しますが、食事、特に朝食と置き換えることで習慣化しやすくなり続けやすいというメリットがあります。
葉物野菜を取り入れることで、カロリー・糖質などを制限しつつ、スムージーを飲むことができます。

組み合わせ次第で自分の好みの味や栄養バランスなど、自分に合わせたメニューを作れますので、自分の食べたい野菜・果物を時には織り交ぜつつ、美味しく飲みながらダイエットを続けてみましょう。

このダイエットに投稿された口コミ・体験談

現在、このダイエットに関する口コミ・体験談はありません。
この記事に対するコメントがありましたら、下記のボタンをクリックしてコメントを投稿してください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須お名前
必須メールアドレス
任意ウェブサイト
必須コメント

この記事と同じカテゴリにある記事

食前に牛乳を飲んでダイエット!痩せる効果を出す量と飲み方&注意点
牛乳と言えば、誰もが小さい頃から馴染みがある飲み物です。 完全栄養食とも言われており、どちらかというとダイエットよりも栄養補給目的で飲用されてきました。 また、よくお菓子の原材料として使われることも多いため、ダイエッターの間では敬遠されて ...

ココナッツオイルが凄い?種類やダイエット効果を出す方法と注意点
ココナッツという言葉を聞くと、今では色々なイメージが浮かび上がります。 タイ料理など国際色豊かな料理が市民権を得る中で、次第に人気が高まってきたココナッツ製品ですが、ダイエットに応用することを考える方はそれほど多くありませんでした。 しか ...

炭酸水ダイエットで痩せる!飲む種類や量とタイミングなどやり方と注意点
サイダーなどの炭酸飲料を好んで飲む方は多いと思います。 お酒を飲まれる方であれば、ウイスキーのソーダ割りなどでもお馴染みですよね。 しかし、炭酸水だけを飲む習慣を持つ方というのは、ダイエットの事をよくご存じという方以外では、まだまだ少ない ...

朝・夜・寝る前などいつ飲む?豆乳ダイエットのやり方と飲み方と注意点
豆乳といえば、ダイエットのみならず、健康維持にも有効な食品として有名です。 CMなどでも一躍有名になった「大豆イソフラボン」が女性ホルモンに似た働きをすることが紹介されて以来、豆乳を日常的に飲まれる方が増えてきました。 スーパーやコンビニ ...

黒酢の効果とダイエットのやり方!サプリやドリンクの飲み方やタイミングと注意点
一時期テレビで紹介されることが多かった「黒酢」ですが、その健康効果が注目を浴び、主要スーパーでもお酢コーナーに置かれるようになりました。 お酢としてだけでなく、果汁をミックスした黒酢ドリンクや、黒酢の栄養価をまとめたサプリメントなど、幅広 ...

妊活?ダイエット?驚きのルイボスティーの効果やカロリーと注意点や副作用
ルイボスティーは、主に女性からの人気によって日本で市民権を得た飲み物の1つです。 爽やかな後味が人気を呼び、今では男性のヘビーユーザーも少なくありません。 日本で広まってまだ日が浅いですが、研究が進むにつれて、ルイボスティーがダイエットに ...

甘酒ダイエットで痩せる甘酒の選び方・飲み方と自作レシピの紹介
甘酒と言えば、人によって色々なイメージがあります。 お正月に飲むという方もいれば、結婚式の時の和婚の際に飲むというイメージの方もいます。 もしくは、ちょっと酔っ払ったおじさんが飲んでいるというイメージを持つ方もいるかもしれません。 そん ...

レモネードでプチ断食?マスタークレンズダイエットのやり方と注意点
あまり聞き慣れない言葉のマスタークレンズですが、実はハリウッドセレブがこぞって取り入れたダイエット方法の1つです。 新しもの好きのダイエッターであれば、レモネードを飲むダイエット方法であることをご存知かもしれません。 しかし、具体的にはど ...

バナナ酢の効果と作り方。ダイエットに最適な方法やアレンジ・レシピもご紹介
突然ですが「バナナ酢」をご存知でしょうか。 その昔、有名な司会者や占い師の方々がテレビで痩せたと話題になった、ダイエット食品の1つです。 お酢自体は誰もが知るものですが、実はお酢にも色々な種類があるのです。 バナナ・お酢それぞれに、ダイエ ...

ナナコロダイエットの管理人について

管理人

名前
ナナコ
性別
年齢
30代前半
住居
関西
はじめまして!当サイトの管理人「ナナコ」です。ダイエットに挫折を繰り返してきたからこそ、色々な角度からダイエット情報を判断できるようになりました。目指せ50kg以下を合言葉に今もチャレンジ中!

更新した記事

イチゴダイエットの効果や口コミ!置き換えや時間など痩せる方法と注意点
ケトン体ダイエットで痩せる!効果や方法とメニュー!臭い対策も
寝るだけって本当?嘘?ストレッチポールダイエットの正しいやり方と効果
バランスボールダイエット!座るだけ?効果的なやり方とサイズの選び方
効果を出すえごま油ダイエットのやり方!おすすめのタイミングや飲み方について
寝るだけの睡眠ダイエット!?やり方や寝る時間や睡眠時間と注意点について
チーズダイエットで痩せる効果はある?食べる量や時間のやり方とレシピ
チアシードで痩せるおすすめのレシピや食べ方と方法。驚きのダイエット効果も?
レモン酢ダイエット!自分で作る作り方や飲み方のアレンジレシピと注意点
食前?置き換え?量は?こんにゃくダイエットで痩せる方法とやり方の注意点


Page Top