体調は天気の影響を受けている! 知っておきたい「気象病」

体調は天気の影響を受けている! 知っておきたい「気象病」

VOICE - 編集部レポート

Photo(トップ画像):まちゃー / PIXTA(ピクスタ)
Photo(顔写真):編集部

雨の日は古傷がいたむ、低気圧が近づくとなんだか頭痛がする――皆さんも、こんな経験はありませんか?
体調や気分は、天気の影響を受けやすいもの。そのことは、多くの人がなんとなく実感しているかもしれませんが、実は、科学的にも証明されています。気象の変化と健康は、密接に関係していることが、医師や研究者らによる論文によって裏付けられているのです。
気象の変化によって生じる病気のことを、気象病といいます。ここでは、特に女性が気になる疾患と症状について紹介したいと思います。

気象病とは、気象の変化と関係があると考えられる種々の病症のことを指します。日本には四季がありますので、季節特有の病気を「季節病」と呼ぶこともあります。

 

「近年は地球温暖化に伴い、季節感がはっきりしなくなってきましたし、そもそも季節ごとに気象変化を伴うのが通常なので、季節病も気象病に含まれると考えてよいかもしれません」

 

そう語るのは、脳神経外科医で、気象予報士の資格をもつ福永篤志さん。福永さんは、脳卒中の発症要因に気象が関係していると考え、より深く気象のことを学ぶために、気象予報士の資格を取得されたのだそうです。

 

「気象が関連している病気には、脳卒中のほか、心臓病、腰痛、頭痛、ぜんそく、盲腸などもあると考えられています」

 

気象の変化によって、こんなにもたくさんの病気が引き起こされる可能性があるとは驚きですね。しかし逆に言えば、どういう天気のときに、どういう症状が起きやすいのかを知っておけば、対策も立てられるということ。そこで、福永さんが気象病の予防について解説している著書『その症状は天気のせいかもしれません』から、特に女性が気になる疾患と症状について、注意したい気象条件を合わせて紹介します。

 

片頭痛

 

片頭痛は、代表的な気象病のひとつ。気象の変化によって、頭痛が生じた経験をもつ人は少なくないでしょう。片頭痛が起こりやすい気象条件は、もちろん個人差があります。いくつかの研究によると、低気圧の日や、気温の低い日に片頭痛の症状が悪化するという傾向が見られたそうです。また、フェーン現象を始めとした強い風も片頭痛に関係していると言われています。

 

片頭痛の対策としては、ストレスや疲労をためないこと、適切な食事・睡眠をとることといった基本的なことが大切になります。天気の視点から見ると、以下のことが考えられます。どのような気象条件の日に症状が生じやすいか、把握するところから意識するとよいでしょう。

 

〈主な対策3つ〉

①ストレスや疲労をためない

②適切な食事・睡眠をとる

③気圧や気温の低い日、風が強い日は注意する(どのような気象条件の日に症状が強まるかを把握する)

 

イライラ

 

イライラ感のような気分の乱れは、疾患ではありませんが、気象の変化が関係していることが多くあります。イライラがたまると、ストレスとなり、ときにはうつ病に発展する可能性もあるので注意が必要です。

 

気象の変化によって、なぜイライラするのか。いくつか原因が考えられますが、そのひとつは自律神経です。気流(風)や気温、気圧の低下が自律神経に影響を及ぼし、精神的な不調を誘発している可能性があると言われています。

 

主な対策は、片頭痛と同様のものが挙げられます。日常生活でストレスをためこまないように気をつけるとともに、気温や気圧が低い日、風が強い日など、快適に過ごせない天気の日は要注意です。

 

花粉症

 

現在、日本全国のスギ花粉症患者は、2000〜3000万人以上と推定されています。この花粉症も、多くの人は初春の暖かくなる時期から症状が始まりますから、気象病のひとつと言えるでしょう。

 

残念ながら今のところ、花粉症の完璧な予防法は見つかっていません。ただ、アレルギー反応ですから、理論的には次のような対策が考えられます。

 

〈主な対策3つ〉

①花粉に触れないようにする(メガネ、マスクの装着)

②無用な外出は控え、帰宅時にはうがいをする

③室内では空気清浄機を使用する

(※治療法としては、抗アレルギー薬の内服や、ステロイドの注射などがあり、本当に困ったときは医療機関に相談しましょう)

 

腰痛

 

腰痛にも気象が関係している可能性があります。気象条件のなかで注意したいのは、やはり「低気温」と「低気圧」です。

 

気温が低下した場合、体の免疫機能が低下することがあります。それによって、体内の細菌やウイルスが増殖し、神経・関節に炎症反応が波及してしまう可能性があります。また気圧が低下した場合は、交感神経系が活発化するため、そのときに痛みを強く感じるようになると考えられています。

 

腰痛を和らげたり、予防したりする方法としては、安静、保温などのほか、筋力の増強が重要です。

 

〈主な対策3つ〉

①痛みがひどいときは安静を保つ

②普段の生活で筋力アップを意識する(運動やストレッチなど)

③低気温や気圧の変化に注意する

 

気象病を予防するには、天気を知ることと、自分がどのような気象条件のときに、体調を崩しやすいかを把握することが大切です。そのためには、天気予報の情報から、その日がどのような天気なのかを注意してみましょう。

 

多くの人は、日常生活でもっとも関心のあるのは、晴れやくもり、雨といった天気の情報ですが、「気象病の予防」という観点からは、これらの天気の状態はあまり関係ありません。

 

福永さんは、「気象病にとって、特に関係が深いのは、気温や気圧の変化、最低気温です」と指摘しています。なかでも、翌日との気温差が激しいとき(10℃以上)は、脳卒中の危険性が高いそうです。それだけ、気温は人体にとって関わりが深いということかもしれません。

 

天気予報を見て、これらの情報に特に注意するところから、気象病予防を始めてみてはいかがでしょうか。

 

(※どのような気象のときに症状が出るかは、個人差があります。症状がひどいときは、医療機関を受診しましょう)

 

【参考】

福永篤志さんが気象病についてコメントしている週刊朝日の記事(WEB版)はこちら

http://dot.asahi.com/aera/2016022900105.html

 

【書籍情報】

その症状は天気のせいかもしれません

その症状は天気のせいかもしれません

著:福永篤志

四六判 208頁

定価1,500円+税

Profile

福永篤志(ふくなが・あつし)

国家公務員共済組合連合会
立川病院 脳神経外科医長
医学博士
脳神経外科専門医
脳卒中専門医
気象予報士
法務博士

福永篤志(ふくなが・あつし)

Other Articles このシリーズの他の記事