鍼でコンディショニング!紀州口熊野マラソンが開催

INFORMATION

世界遺産・熊野古道を走る「第22回 紀州口熊野マラソン」が、2月5日に和歌山県で開催されました。和歌山県で唯一のフル、ハーフマラソン公認コースで、県外からの参加者が半数を超える大会としても知られています。

 

フルやハーフを走るのであれば、それだけの身体の準備やアフターケアも欠かせません。和歌山県鍼灸師会は、毎年、マラソン大会の会場で、コンディショニングルームを設置して、ランナーたちのケアを行っています。

 

同会の学術部長、中野正得氏のブログでは、多くのランナーたちが次々と鍼を受ける写真が紹介されているほか、お灸が苦手な方への「火を使わないお灸」の施術も知ることができます。

 

■鍼灸ボランティアin紀州口熊野マラソン2017

http://dentoijutu.exblog.jp/26614187/