ASK EXPERTS-VOL.012 米山絵美

ASK EXPERTS-VOL.012 米山絵美

ASK EXPERTS

ASK EXPERTS第12 回目は、愛知県名古屋市名東区の「総合治療院シナケア」の副院長を務める、鍼灸師の米山絵美先生にインタビューしました。鍼灸師であるととも不妊カウンセラーの資格も取得し、鍼灸による不妊治療に取り組んでいます。そんな米山先生に、女性と鍼灸についてお話をうかがいました。

妊娠に向けて、患者と二人三脚

 

 

――先生はとりわけ不妊症に対する鍼灸治療に力を入れていらっしゃるそうですね。どういったきっかけで、不妊治療に関心をもつようになったのですか。

 

 

大学で鍼灸を学んでいた頃は、不妊治療に特別関心を持っていたわけではありませんでした。卒業後、当院に入ってしばらくしたとき、「赤ちゃんがほしいんです」という患者さんがお見えになりました。当時の私は不妊に対する知識も治療技術もなかったのですが、自分なりに勉強してできる限りの治療をしました。その結果、無事ご懐妊されたんです。そのときの感動がとても大きくて、「鍼を通じて新しい命が誕生するお手伝いができるなんて、こんなにうれしいことはない」と思いました。そのときの感動が今もずっと、私のモチベーションになっているんです。

 

 

その患者さん以降、不妊治療を希望する患者さんが増えていって、実際にご懐妊に結びつく方も多くなっていきました。臨床を重ねるにつれて、もっともっと患者さんの力になっていきたいなと思うようになりました。

 

 

askexperts012_01

 

 

 

――これまで何人くらいの患者さんが懐妊されたのでしょうか。

 

 

先ほど述べた患者さんの後、続けて4人の患者さんがすぐに妊娠されました。それが今から4~5年前です。その後、不妊治療を希望する患者さんがどんどん来院されるようになりまして、現在まで77人の患者さんから妊娠の報告をいただくことができました。

 

 

やはり「妊娠しました!」「赤ちゃんが生まれました!」というご報告を聞くのがうれしくて、どんどんのめり込んでいます(笑)。そうすると知識や技術を向上させたくて、月に数回、東京に行ってさまざまな勉強会に参加しています。

 

 

――来院される患者さんは、西洋医学の不妊治療と併用されている方が多いのでしょうか。

 

 

そうですね。でも、鍼灸のみという患者さんも少なくありません。病院に行く前に鍼灸で身体を変えていけば、妊娠のチャンスも広がるのではとお考えになって、まず鍼灸を選んでくださる患者さんもいらっしゃいます。

 

 

――不妊治療ではどういった施術をされているのでしょうか。

 

 

私は鍼と灸を使い、これまで勉強会などで得てきたものから自分がよいと思うものを選りすぐって施術をしています。また、患者さんの体質を診て、お一人お一人の体質に合わせて治療しています。妊娠しやすい体調を鍼灸でつくることが基本ですが、それだけでなくメンタル面でのケアがとても重要だと感じています。治療前の問診で、メンタル面が落ちていたりストレスが強い方には、当院のアロマセラピストの指導のもとアロマを選び、リラックスできる香を嗅ぎながら、ゆったりと治療を受けていただいて鍼灸の治療効果を高めています。

 

また、不妊の場合、ご家族やご主人からの期待があったりして、一人でがんばってしまい、悩みを抱え込んでいる患者さんが多いんです。一番近い存在であるご主人にも話せないんですよね。ですので、同じ女性として患者さんのつらい気持ちに寄り添って、しっかりお話を聴き、「一人でがんばらなくてもいいんですよ」ということをお伝えしています。

 

 

セルフケアも大切にしているため、患者さまも家でお灸を取り組んでいただいたり、飲食も大切なため体質に合わせてハーブティーやドライフルーツなど取り入れていただいています。こちらも本気で治療に向き合うぶん、患者さまも本気で治療に臨んでいただき、赤ちゃんを授かるという目標に向かって、患者さんと二人三脚で一緒に治療に取り組むことを意識しています。

 

 

askexperts012_02

 

 

 

 

――不妊治療に限らず、女性にとって鍼灸のよさはどんなところにあると考えていらっしゃいますか。

 

 

女性って本当に繊細な存在だと思うんです。ちょっとしたストレスとか、疲れとか、気候の変化とかでホルモンバランスが簡単に崩れてしまいます。また、女性の一生涯にはさまざまなライフステージがあって、それぞれの転機で心身の変化が必ずといっていいほど特有の症状が出ます。鍼灸はそうしたちょっとした体調の乱れを整え、病気になる前に予防して健康を維持するのにとても適した治療法だと思います。

 

 

それに、治療中は一対一、face to faceでお話をしたり、施術ができるので、身体だけでなく心のケアに役立ちます。今は女性の鍼灸師がたくさんいて、「女性の大変さ」を理解することができる鍼灸院が増えているのも魅力なのではないでしょうか。

 

 

――治療院のHPを拝見すると、近隣のいろいろな施設と連携されたり、治療メニューも豊富に用意されていますね。先生も鍼灸以外の施術をされるのでしょうか。

 

 

私は鍼灸を極めたいと思っているのでこの道一本で治療していますが「結果」にはこだわっているので、患者さまにとって何が一番よいのかを考えて他の視点からのケアが必要な方にはトレーニングやアロマテラピーなど他の専門性を持ったスタッフにも診てもらいます。さらに産婦人科、内科、歯科などのクリニックや、セルフケアの一環としてヨガやピラティススタジオ、パーソナルトレーナーなど、近隣の他施設をご紹介するといった密な連携をしています。当院内のスタッフはもちろん、さまざまな施設と手を取り合って、チームで一人の患者さんをトータルに診ることにしています。

 

 

 

 

askexperts012_08
不妊治療の患者は、専用の施術室で診察する。防音壁を用いるなどして、患者のプライバシーを守り、リラックスしてもらえるよう工夫している

 

 

askexperts012_04
待合室では、ハーブティーやクコの実などのドライフルーツなどをセルフケアの一環として提案している

 

 

より若い世代にも身体の大切さを伝えたい

 

 

――治療院の外でも、積極的に鍼灸を発信していらっしゃるそうですね。

 

 

いきなり鍼だとハードルが高いと感じる方もいらっしゃいますので、まずはお灸を知ってもらうために地域でお灸教室を開催しています。まずは体験していただき「お灸ってこんなに気持ちがいいんだ」と知っていただいてから、鍼もやってみようかなと思ってもらえるように教室を開いています。

 

askexperts012_07

米山先生が講師を務めたお灸セミナーの模様

 

 

 

他にも、妊活セミナーの講師としてお話しやお灸のデモンストレーションをさせていただいたり、名古屋のタウン誌が開催するOLさんを対象にしたイベントにブース参加したりしています。そのイベントでは若い女性にもっと鍼灸を知ってもらいたくて、鍼灸の無料体験を提供させていただきました。うれしいことに行列ができるほどお客さんがいらっしゃって、お灸だけでなく「鍼を体験してみたい」という方も少なくありませんでした。

 

 

――最後に先生の今後の展望を教えてください。

 

 

現在は、赤ちゃんができなくて来院されている方が中心ですが、こうした患者さんたちに加えて、これから結婚をしていく方やもっと若い世代の中学生や高校生に「自分の身体をもっと大事にするにはどうしたらいいのか」ということを伝えていきたいです。

 

 

若い頃は何も考えずに、例えば冷たいものを飲んだり、お腹や足が出るような服装をしてしまいますが、それが後々不妊の要因になってくる可能性があります。生理痛や冷え性が当たり前のものとして過ごしている方も多いですよね。妊活セミナーで冷えなどが不妊の原因になり得るということをお話するのですが、参加者の方からは「大事なことなのに、学校では教えてくれなかった」「もっと前に知っていれば……」という感想をよくいただきます。

 

 

いざ妊娠・出産を望んだときに苦労してしまう、そうなるもっと前の段階から心と身体をケアしていくことの大切さを、鍼灸を通じてお伝えしていき、不妊で悩む人を少しでも減らしたいです。赤ちゃんを望んだときに不妊で悩むことなく、元気な赤ちゃんを産むことができる。それが当たり前の世の中になれば、もっと女性が迷いなく、自信を持って活躍できる社会になるのではないかなと思います。さらには少子化対策にも貢献できることで、日本全体がもっと明るく元気になれることを信じてこれからも多くの方のお力になりたいです。

 

 

 

 

【施設情報】
askexperts012_06
総合治療院シナケア http://www.synacare.jp/

 

 

総合治療院シナケアでは「女性外来」「セルフケア外来」「不調外来」「痛み外来」という4つの外来と、「妊活専科」「産後専科」「美養専科」「姿整専科」という4つの専科を設けている。を設けている。一人の患者が抱えるさまざまな症状に対して、それぞれの外来を担当する鍼灸師、マッサージ師などのスタッフが専門性を活かしたチーム体勢で治療に当たることによるシナジー(相乗)効果を特徴としている。また、内科、皮膚科、産婦人科などの医療機関、ヨガスタジオ、パーソナルトレーナーなど近隣の施設とも提携・紹介することで、さらに幅広いケアを提供している。

 

 

〒465-0093 愛知県名古屋市名東区一社1-100 エパーグレースビル1F
TEL:052-703-5589